☆花きりんブログ(*^_^*)

このブログは、株式会社 花麒麟
(居宅介護支援事業所花きりん、訪問介護事業所花きりん、通所介護事業所花きりん)のブログです(^o^)丿
<< サッカーW杯アジア予選 | main | はじめまして (*^^*) >>
最新の当たり前が最良なのか?
0

    訪問介護事業所 花きりんの岡田です。

     

    車ネタにどうしてもなりがちですが、書いてみます。

     

    レーシングシミュレーターというものを知っていますか? 私もそこまで詳しくはないですが、最近のマイブームです。

     

    シミュレートという言葉を調べてみると「想定している状況と近い状態で行われる模擬実験」「模擬的な検証」とありますが、その車版です。

    家庭でもグランツーリスモなどのレースゲームは、かなり画像的にリアルになっていますが、コレは画像的には最新ゲームに劣りますが、8軸ある油圧シリンダーで車の動きを再現し、ハンドルコントローラーもベルト駆動のモーターに繋がっており、ハンドルから伝わる限りのタイヤ等の情報を再現して、できる限り実車に近い状況で運転出来る物です。

    なので、一般的な「ゲーム」という感じの物ではなく、「ドライビングシミュレーター」です。

     

    随分前からF1などはレースで勝つため車を仕上げる際、直接コースに車を持ち込んでセッティングするのではなく、このシミュレーター上で実際のドライバーの運転でセッティングし、レース当日は路面コンディション等の状況変化で微調整を行うと聞いた事があります。又、ドイツのニュルブルクリンクなども大変危険なサーキットとして有名で、実際は何百周・何年と走ってやっとレースでも結果が出せると言われていましたが、今はこのシミュレーターを使ってノーリスクにコースを覚えたり、走りのリズムを掴んだりする事が出来ます。日本のレーシングドライバーが海外のレースでいきなり活躍出来るのも、おそらくこのシミュレーターで事前に練習をしているからだと思います。

     

    最近になりこのシミュレーターが広島の某所に導入され、面白くて時々通っています。シミュレーター上では徐々に走行ラインやブレーキングポイントなども掴みはじめタイムも縮まりましたが、あとは実車で再現出来るかはメンタルの問題ですねw。実際のところ、速いベテランドライバーは、「実車の動きと違うから、やると逆効果だ」と感じる方もいて、その効果が出るのかどうかはまだ「?」です。あくまでもイメージトレーニングであって、実際にリスクと戦いながら色んな経験をして得た実力とは違うものでしょう。

     

    興味のある方は増税前に1台いかがですか? 400〜600万といったところです! 有名なレーサーが出したコースのタイムを、同じ車で挑戦してみてはいかがでしょう!
     

     

    | 花きりん | - | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.hanakirin.net/trackback/1302134
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE